婚活な毎日

30代に突入した時はかなり結婚に対して焦りを感じてしまい、なりふり構わずな自分だった気がします。
とにかく余裕がないので、誰もいいから紹介してと友人、知人、身内と、ありとあらゆる人に紹介をお願いしていた時期がありました。
し かし、一向に紹介してくれる気配はなく、その頃から自分の結婚の事なんだから、自分で何とかしようと無料の婚活サイトを利用したり、不定期に行われる婚活 パーティーやお茶会、BBQや蕎麦打ち体験をしながら男女の場になるという楽しい企画にも沢山参加するようになりました。
結婚成功

一気に自分の性格が社交的になってきたのも分かりますし、男女が集う場なのでそれなりの出会いもあります(今はまだ連絡先の交換程度ですが)
今までは自分の結婚を誰か任せにしていたので、出会いや生活の変化もありませんでしたが、今は沢山の出会いの場がある世の中です(婚活サイト、結婚相談所、 街コン、などなど)一歩を踏み出す事で必ずそこには何かが起こります。
家や職場にいて、誰かに紹介して紹介してと言うばかりでは何かは起こらないと実感しました。
この地道な婚活な毎日が意外と楽しいですし、必ず未来のパートナーに出会えると信じてこれからも楽しく婚活を続けます。

大手の結婚相談所を利用していましたよ

私は、大手老舗の結婚相談所を利用していました。
入会に際しては、かなり高額な入会料を支払いましたし、月々の会費も安くはなかったですが、それだけの価値はあったと思っています。
というのも、入会料や 月々の会費が高いということは、それだけの費用を支払う経済的な余裕のある人が多く入会しているということになります。
結婚相談
あるいは、男女ともに、それだけの 負担をしてでも、結婚をしたいと真摯に考えている人が多いということにもなると思います。
特に男性ですと、定職についていない人は入会することもできませんし、入会時には年収を証明する書類の提出も求められるのだと聞きました。

少なくとも、きちんと職のある人が入会していることになりますし、年収についても第三者の目でチェックされた金額が公開されていることになるのです。
女性の立場からする と、こうした厳しいチェックは安心材料になりました。
ちなみに、自分がこちらの結婚相談所を利用していて思ったことは、登録する自分の写真は大切だということです。当初私は、外見で判断されるのは嫌だと思い、あまり写りの良くない写真を一枚だけ登録していました。
ところが、その後スタッフの方のアドバイスでもう少し写りの良い写真を2枚追加して登録した 所、沢山の方からお申し込みをいただくようになったのです。
いろいろな人と会う機会を持つことはとても大切なことですし、結果的には写真を追加してよかったと思いました。

婚活は、楽しみながらするのが大切だと思います

私が婚活を始めたのは、30代に入ってからのことでした。

実は、婚活を始めるきっかけになったのは、「失恋」でした。それまでおつきあいしていた方とは、結婚も視野に入れていましたが、突然別れることになってし まったのです。しかも、別れた彼は、私の知っている人とその後すぐに結婚してしまったのです。自分の中に彼に対する未練がまだあったようで、本当にショッ クを受けました。

そして、私も結婚をしたい、とにかく早く結婚をしたいと思うようになりました。彼を忘れたいという気持ちでいっぱいだったのだと思います。

ところが、そんな気持ちでいっぱいだった私の気持ちを180度変えてくれる出来事がありました。親しくしていた友人に、結婚相談所に入会して婚活を始めた のだと伝えたところ、「わあ、いいなあ~。
私ももう一回婚活したいわ!どんな人と会えるのかすっごい楽しみだね。」と言ってくれたのです。彼女は、素敵な 旦那様もいて、今でもラブラブですが、その彼女が、そんなことを言ってくれたのではじめはびっくりしました。
でも、彼女の言葉をきっかけに私の気持ちは大 きく変わりました。
せっかく婚活をするのなら、楽しみながらやろうと思えるようになったのです。彼を忘れたい、彼を見返してやりたい、そんなことばかり考えていた気持ちが、友人の言葉をきっかけに前向きになりました。

今は、婚活を通して出会った夫と幸せに暮らしています。私の気持ちを前向きにしてくれた友人の言葉は今でも忘れられません。婚活は楽しみながらやるときっといい出会いが待っているような気がします。