初めての婚活

本格的に結婚へ向けてパートナーを探そうと某婚活サイトを利用した時のお話です。
SNSの利用はしていましたが、改まって結婚へ向けての活動をするのは初めてでした。

こういうサイトは男女ともにサクラがいたり、真剣な相手に対していい加減なお付き合いを求めている方もいたりするだろうから相手選びにはものすごく慎重にならなければと思っていました。
サイトに登録して間もなく、数件の男性から連絡が来て条件や生活スタイルなどしっかりと吟味して一人の男性Aさんとお会いしてみようと思いました。
そのAさんは自営業で、地元では結構有名な企業にお勤めで現在お父様が社長を務めているのでご自身は専務と言うお立場の方でした。

婚活生活
初めてのデートのセッティングもすべてお任せし「当日はお金をもってこなくてもいいよ」と言うくらいの太っ腹な感じの方でした。
Aさんはバツイチでしたが、お話もとても上手でどうして今まで一人でいるんだろうと思うくらいしっかりした方でした。
しいて言えば、タバコの量が多いかなと言うくらいで本当に申し分なく素敵な方でした。
是非今後も親しくしていきたいと思いましたが、会話の途中で彼の仕事についての話になり、そこで少し躊躇をしてしまいました。
どうやらあまり仕事が上手くいっておらず、この先会社が買収される可能性があると言うお話でした。
Aさんはその事実を隠したままお付き合いをするのは心苦しいとの事で正直に打ち明けてくれたのです。
大抵この話をするとお断りされると苦笑いしていましたが、私も同じく不安な気持ちになりお付き合い自体は保留をさせていただきました。
ただ、人柄は本当に素晴らしい方なので時々連絡を取り合って食事に行ったりする事は今でも続けています。
会社はAさんの予想通り大手企業へ買収されてしまい、現在は専務と言うお立場を追われてしまいましたがお仕事自体は何とか続けられているようです。
お金に左右されるのか!と言われてしまいそうですが、やはり結婚と言う現実を突きつけられるとなかなか踏み切れないものだなと実感しました。

婚活サイトに登録してみて実際に出会た人

婚活サイトを利用したのは37歳の時でした。
もうそろそろ自力で出会いを探しそこから恋愛に発展するということが難しくなってきた歳だと思い、婚活サイトに登録してみました。
まず初めは定番の婚活パーティーの情報を定期的に知らせてくれる婚活サイトに登録しました。

1度だけお邪魔しましたが、少しの時間で 相手の事を分かるという事はすごい困難でお互いに結婚を意識してのパーティーなので質問内容なんかも結婚してからのリアルな内容で少し疲れてしまいました。

次に登録してみたのが婚活サイトで自分のプロフィールを登録して、相手の条件や理想を書き込めるタイプのサイトでした。サイト内でヒットすると次々と 相手を紹介してくれます。そのサイトは連絡を最初はサイトを通して取り合って気に入ればお互いに自身の連絡先を教えて自分たちで連絡を取りデートまでするという感じでした。

一人だけ実際に会ってみました。自分の理想とは少し違いましたがすごくいい人でお付き合いまではいっていませんが、少しずつ距離を縮め ているところです。

出会いはどんな形でもいいと思います。サイトを通して普通に生活していて出会えない人と出会えることで輪が広がると思います。
外に出て 相手を見つけるという手間も省けてネット社会はすごいと思う今日この頃です。